FC2ブログ
2010/03/04 Thu 00:12 YouTube動画 | 音楽 |
おはようございます。ヘタリカです。
昨日、えいちさんのブログ誤訳御免で見つけた記事。

「KISS ジーン・シモンズの息子がBLEACHを盗作!?」の海外反応
中々記事としては面白いのですが、ヘタリカはとりあえずビデオを紹介します。

キッスの「ドクター・ラブ」を紹介します。



ジーン・シモンズが元プレイメイトのオネーちゃんと同棲していたのは知っていた。
子供がいたのは知らなかった!
息子はニック・シモンズという漫画家です(コミック・アーティストというらしい)。

久保帯人さんの漫画 " BLEACH " をパクったというアメリカの
ネットで広まり、製作・販売を停止するとしたもの。

ロックの世界ではパクリは当然で、そこから新たな創造性が生まれるものですが、
マンガやアニメの世界に疎いヘタリカでも、パクリは当然だと思います。
「ブリーチ」は息子が好きでした。

久保帯人さん自身はジーン・シモンズの息子が漫画家だったという事実の方に興味があると述べている。


そこから、新しいものが出来れば良いのですが・・・・。

アメリカの社会は裁判に満ち溢れています。
しかも優秀で高い弁護費用のな弁護士を雇った方が勝つ社会でもあります。

非常識な裁判がアメリカでは当然のごとく行われました。
この件に関して、最も有名な裁判は「クマのプーさん」です。

* 「くまのプーさん」の映像や、ぬいぐるみなどの商品はディズニー社に莫大な利益をもたらした(未就学児童向け商品及びビデオソフトの売上が絶大である)。このため、ディズニー社は自作の商品に加え、オリジナル童話のシェパードの挿絵により近い「クラシック・プー」を商品化した。
* スレシンジャー社は、ディズニー社が同社と1983年に結んだ契約に違反し、「くまのプーさん」にかかる売上を偽って報告し、加えて、商品収入にかかる一部の権利料を払っていなかったとして、1991年にディズニー社に対して訴訟を起こした。この契約によれば、「くまのプーさん」にかかる売上のうち、98%がディズニー社の収入、残り2%がスレシンジャー社の収入となっていた。ディズニー社は2億ドル以上の商品化権に対する権利料を払うべきなのに、金額を実際より低く見せかけて6600万ドルしか払っていないというのが同社の主張であった。この訴訟において、ディズニー社は莫大な書類を破棄し、証拠隠滅を図ったと認定されたが、一方でスレシンジャー社も調査会社を使って、ディズニー社のゴミの中から証拠を不正に入手していたことが明らかになったため、2004年5月、ロサンゼルス上級裁はスレシンジャー社の訴えを棄却し、最終的にディズニー社が勝利した。
* 一方、ディズニー社は、ミルンの娘であるクレア・ミルンの名義により、アメリカにおけるスレシンジャー社の「クマのプーさん」に関する一切の権利を、将来にわたって破棄することを裁判所に訴えた。これは、原作者一族に権利を戻した上で、ディズニー社がミルン家と独占契約し、「くまのプーさん」関連のビジネスを自由に展開しようとして行ったものである。しかし、連邦地方裁判所はスレシンジャー社の権利を認め、さらに2006年6月26日、米国最高裁判所は原告の訴えを棄却したため、原告の敗訴が確定した。
* シェパードの孫もディズニー社の後押しを受けて、スレシンジャー社から著作権を取戻すべく1991年に提訴したが、連邦地裁は2007年2月、原告の訴えを退け“権利はスレシンジャー社にあり”の判断を下した。

もしくは、彼の父親が起こした
キング・ダイアモンドのフェイスメイク裁判があります。
父親、ジーン・シモンズに似ていると言う理由で、裁判を起こされました。
結果、キング・ダイアモンドは敗訴しました。

ロックファンにはどうでもいいことばかりです。
ロックのパクリにはもっとえげつないものがあります。
たとえば、シブガキ隊の初期の曲はまんま
ナイトレンジャーだったりします。
ヘタリカは当時、びっくりしました。
さすがに完コピだったので・・。

恐らくナイトレンジャーは大人だったんでしょう。
訴訟は無かったと思います。

何せ天下のジャニーズですから。

閑話休題

アニメやマンガに疎いヘタリカが知っていることもあります。

例えばヘタリカにもよくわかる事例として、
「ライオン・キング」があります。
手塚治虫の完全なパクリでした。
手塚の弟子たちは一斉に訴訟を言いましたが、
手塚の遺族はこういいました。
「ディズニーに憧れていた手塚治虫が
ディズニーにパクられたとしたら、むしろ本望ではないか」

これで良いと思います。
すみません。あまり良くわかっていませんが、
ただ、久保さんが、ニック・シモンズに憧れていないのは、
わかっていますけど・・・。






ROCK
Comment:0 | TrackBack:0