2011/10/31 Mon 00:00 YouTube動画 | 音楽 |
メタリカ「ドント・トレッド・オン・ミー」

URL http://www.youtube.com/watch?v=ZIHuF8WvdFk&feature=watch_response


こんばんは。早寝早起きがモットーのヘタリカです。
ウソです。
とはいえ、最近このブログの開店時間0時00分テキトー秒に
更新したら・・・・すぐに意識が飛びます。
気づいてみれば朝・・・・。

昨日などはデンキつけっぱ。ノートPCなどはバッテリーが切れて
スタンバイ状態になっていました。

気づいたのは朝の7時前・・・。
慌しい一日が始まってしまいました。

さて今日はメタリカです。
朝のニュースでインドで
「メタリカの公演が直前に中止、怒ったファン暴れる」
というヘッドラインがあったもので・・・・。
くわしくは↓で。
http://www.jiji.com/jc/a?g=afp_cul&k=20111029027831a

インドでF1GPやってたんですね。
F1がらみのイベントでメタリカがライブをするんですね。

ただ、インドで暴動が起きるくらいですから結構な
人気なんですね。数年もすれば
インドのロックバンドが世界デビューするかも?です。

台湾のソニックはブラック・メタルと二胡を合わせて
独自の暗黒世界を表現しましたが、
インドはシタール???ちょっと想像出来ませんが
60年代のシタール大好きUKロッカーも居ましたからね。
ジョージ・ハリソン、ブライアン・ジョーンズあたりです。
他はペイジか・・・・余り思い出せないです。

さて、ハナシはいつものように逸れています。
曲のハナシに戻ります。

この曲はアルバム「メタリカ」
通称ブラックアルバムに収録されているんですが
この曲、歌詞の中に「So be it」って言葉があります。
本来は「Soviet」だったとジェイムズがインタヴューで
語っていました。

奇しくもこのアルバムが発表された同じ年
1991年にソヴィエト連邦は崩壊します。
ミハイル・ゴルヴァチョフの改革路線によって。

どういった経緯で歌詞を変えたのかは覚えていませんが、
この言葉「So be it」は「なすがままに」って意味です。
ちょっと使い方は違いますが「Let it be」と同じような
意味です。

この曲のイントロ、ご存知だとは思いますが
映画「ウェストサイド物語」の曲「アメリカ」の一節です。
この部分がなんともイヤミで社会派パンクっぽいです。

ヘタリカはメタリカの・・・ああ!ヤヤこしい!
メタリカの曲の中では一番センスのある曲だと思います。

一応、ウェストサイド物語の「アメリカ」も貼っておきます。
プエルトリコ人がニューヨークに来て貧困生活を送っている
お話なんですが、このあたりはヤケに明るいです。

ウェストサイド物語「アメリカ」

URL http://www.youtube.com/watch?v=Qy6wo2wpT2k


明るい曲の中に暗い一節がありまして
この映画はTvで観たと思うのですが、
「Life is alright in Ameraica」と女性が歌う後で
野郎が「If you are all white in America」って歌います。

女性がアメリカの派手さや便利さを賞賛する一方で
男性がアメリカの貧困と暴力・・・影の部分を主張します。
しかも「All white」って「完全な白人」という意味。
マルコムXやマーティン・ルーサー・キング牧師の
デモがあったあとの話です。
アメリカの黒人を含む少数民族による
公民権運動が始まるのはこの後です。

これについては受け取り方が様々とは思います。
人それぞれってことで。

相変わらずgdgdですが、
今日はこの辺で。
ROCK
Comment:0 | TrackBack:0