2010/01/26 Tue 08:26 YouTube動画 | 音楽 |
スコーピオンズの「ラヴィング・ユー・サンデー・モーニング」を紹介します。



スコーピオンズが活動終了だそうです。
ソースはコチラ

解散ではない。

終了なのです。

若い頃は結構過激なハードロックバンドで、
メタルの波に乗ってビッグになったが、
クラウスの声とトシのせいか、
どんどんバラードづくしになっていったバンドです。

一昨年くらいに出たアルバムを聴いたことがありますが、
曲のデキが良いのだろうけど、ロックしていません。

ウリ・ジョン・ロートがいたころの「トーキョー・テープス」
ライブアルバムがあります。
戦慄のハードロッカーです!

カッコ良かったです。
髪の毛もありました。
ハードロックですが、絶叫ヴォーカルではなく、
メロディの素敵な(これは今でも?)ヴォーカルです。

クラウス・マイネは高音部を叫んでいても、
潰れたような声が出ない珍しいタイプ(?)です。

スコーピオンズは3番目に聴いたロックバンドでした。
ちなみに 1番KISS 2番QUEENです。
当時はこのテのハードロックはちょっと背伸びした中学生が
聴く音楽でした。友達のお兄ちゃんやお姉ちゃんが
背伸びしていたおかげで、ヘタリカはロックに
目覚めました。

ウリ・ジョン・ロート脱退後、スコーピオンズは
どんどんポップになって(大成功したが)
ヘタリカ的にはつまらなくなりました。
しかし、ドイツで成功を夢見る若いロッカーの指針となったはず。

スコーピオンズがいなければ、
アクセプトもハロウィーンもブラインド・ガーディアンも
出てこなかったのではないか?







Comment:0 | TrackBack:0

Secret

TrackBackURL
→http://rockmaniac.blog71.fc2.com/tb.php/129-3810a794