2010/12/19 Sun 00:00 YouTube動画 | 音楽 |
グランドファンクレイルロードの「ロコモーション」



元はリトル・エヴァの大ヒットソング。
ハードロックバージョンにしてみた。

35年以上前に・・・。


ヘタリカはこのバンドで「ロコモーション」を知りました。
この曲、ハウス・ミュージックやテクノ・ポップ
J-POPにもなっていて、日本人なら
「サビなら歌える知らない英語曲」
なのですが、このバンドを知る人はまれ。

しかし、このバンド凄かったのだ!
ウィキペディアの記事を引用すると。
1971年の来日公演は激しい雷雨の中で行なわれた。当時のロック伝説のひとつに数えられる後楽園球場の演奏は、あまりの過激ぶりに主催者の内野二朗は怒りと心痛で疲労困憊。これがキョードー東京がハードロックを手掛けない理由の一つになった。

この時代、雨の中での屋外ライブはプレイヤーにとって殺人的です。
ワイヤレスの無い時代に雨の中でギターを弾き、
マイクにキスなどすると感電するのです。
ヘタリカは汗で感電しました。
息が詰まり、頭は真っ白
自分のプレイは5秒ほど止まってしまいました。

常時ギターを弾き、歌うマーク・ファーナーは
感電しなかったのか?
しかもギターソロを弾きながらシャウトする
前人未到のヘンタイ(笑)野朗です。

しかし、後楽園球場でプレイするとは、
相当な大物バンドだったんですね。

R&Bは好きな曲もあるのだが、
ちょっとハマれない。

しかし不思議なことに

キッスのこの曲
も好きだった。
ストーンズの「タイム・オン・マイ・サイド」も好きだった。
R&Bは結構身近なのかもしれない。

Comment:0 | TrackBack:0

Secret

TrackBackURL
→http://rockmaniac.blog71.fc2.com/tb.php/451-3e8fff56