2011/01/04 Tue 00:15 YouTube動画 | 音楽 |
筋肉少女帯 - スラッシュ禅問答



TV番組「たけしの教科書に載らない日本人の謎」を最初から最後まで見てしまった。

改めて、織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の先見性を感じました。
織田信長は宗教勢力を根絶やしにするために
石山本願寺や比叡山を焼き討ちした。
お次は高野山だったらしいが、
本能寺の変でこの計画は没。織田信長自身も没。

豊臣秀吉はイエズス会とスペインの植民地計画を悟り、
キリスト教を禁教とした。
また寺の武装解除・武士以外の武装解除をした。

徳川家康は秀吉のキリスト教禁教を続け、
同時に寺に市役所機能をつけることで、
国民を全て仏教徒にした。
いまでもたくさんある仏教宗派はこのことにより、
宗派間対立を無くした。

確かに戦国の三英傑である。
当時の情報量と世界観ではこのような判断は
中々出来ないと思う。

宗派間対立とは恐ろしいものです。
いかも無意味なものです。

つい最近までキリスト教は宗派間対立が激しかった。
IRA(アイルランド共和軍)はイギリスで
今でも活動中です。ただし、前々首相である
トニー・ブレアの尽力で、「アルカイダ」
みたいな存在では無くなったのは確かです。

イスラム教はご存知の通り、
「原理主義者」と呼ばれる人が、
フツ~の敬虔なイスラム教信者に対して、
誘拐・略奪・殺人・無差別テロを行っています。

日本は宗教戦争のない世界でも稀有の国です。
「島原の乱」はキリシタンの反乱ではなく、
重税を課した松倉重政の暴政によるところが大きいとされます。

八百万の神と100を超える仏教宗派を飲み込んで、
宗教戦争などという無意味な戦争を行わなかっただけでも、
日本人として誇るべきものがあります。

筋肉少女帯と何のカンケーもない話です。
スマンスマン。
Comment:4 | TrackBack:0

Secret

TrackBackURL
→http://rockmaniac.blog71.fc2.com/tb.php/466-edc6c1b3