2011/06/25 Sat 00:00 YouTube動画 | 音楽 |
ビータリカ「ガレージ・デイズ・ナイト」

URL http://www.youtube.com/watch?v=qyCK0a3XbMo


こんばんは。昨日の風邪を一晩で完治させましたヘタリカです。
気合と根性とちょっとした努力で風邪は直せます。

完治したヘタリカ、本日は暑い夏を乗り切ろうと買い物に出かけました。
買ったものはよしず・扇風機(キッチン用)・すのこベッド・まくら用の冷却ジェルです。

あとはエアコンのフィルターの掃除など・・・色々やっていたんですが、
余りの暑さにバテました。今日は本当の真夏日で、高松は33℃でした。
埼玉で熊谷市で39.8度!
体温より高い夏を乗り切るにはどうすれば良いのか思案中です。

さて、本日はたまたまCDショップでこんな珍しい曲が流れていたので
久しぶりに記事にしてみました。ビータリカです。
思わずレジに駆け寄って「何でこんな曲かけてるんですか?」って
聴いたら「さぁ?有線ですから」って無愛想な回答が来ました・・・・。

ウィキペディアによれば「ビートルズの曲をベースに、曲名や歌詞をメタリカの楽曲のものと混ぜて、メタリカ風に演奏するものである。曲の随所にメタリカのリフが入っている。」

ということです。この記事、中々面白いのでヒマな方はご一読を。

さて、このバンドには逸話がありまして、これもウィキからの引用なんですが、

ビータリカのメンバーは法的リスク回避のため匿名で活動していメタリカはビータリカの存在に気づいてはいたが、メタリカ自身はビータリカに対して法的措置を講じなかった。それどころか、メタリカのメンバーであるラーズ・ウルリッヒ、ジェームズ・ヘットフィールド、カーク・ハメットはビータリカのファンを公言すらしている。

一方で、ビートルズの楽曲の版権の多くを保有するSony/ATV Music Publishingは、ビータリカのウェブサイトに掲載された内容、楽曲についてビートルズの著作権を侵害しており、ウェブサイトを閉鎖しなければ法的措置に訴えるとの通告書を提出した。

ビータリカのファンたちからはこの措置を撤回するよう求める多数の抗議文が同社へ寄せられた。また、メタリカのラーズ・ウルリッヒはメタリカの顧問弁護士を仲介役に立て、問題の回避に努めた。最終的には同社は将来的な法的措置の行使は留保しつつも、ビータリカの活動を「黙認」するに至った。

いわゆる「オトナの対応」です。
ダウンロードに関しての対応は激烈だったラーズ・ウルリッヒらしからぬ
ダウンロードの奨励?ですか。

もっとも彼は違法ダウンロードについて激烈だったのであって、
ビータリカはフリー・ダウンロードでしたから、
ハナシは別かもしれません。

しかし、Vo&Gのジェイムズ・レンフィールド(ジェイムズ&レノン?)
は本当にジェイムズのクセを上手く掴んでいて、笑わせます。

一応プロミュージシャンです。


Comment:7 | TrackBack:0

Secret

TrackBackURL
→http://rockmaniac.blog71.fc2.com/tb.php/654-057756a2