2011/10/26 Wed 00:00 YouTube動画 | 音楽 |
ファイヴ・フィンガー・デスパンチ
「アンダー・アンド・オーヴァー・イット」


URL http://www.youtube.com/watch?v=ZLk75fFXqH4
URL http://www.youtube.com/watch?v=NWi7ZtAnIbY


こんばんは。本日は本日もダラけた休日を
過ごしましたヘタリカです。

カメラを持って外へ出ようと思ったのに・・・。
外は今にも泣き出しそうな曇り空。
結局日が暮れるまで曇り空でした。

次の休みこそ・・・・!

さて、本日自宅警備員をしていたヘタリカは
先日記事にしましたファイヴ・フィンガー・デスパンチ
アルバムを聴きました。

う~ん。良いです。
デス声メタルなのに案外ポップなコーラスで
結構聴かせてくれます。

実はこの曲が入ったアルバム「アメリカン・キャピタリスト」は
10月11日の発売だったんです。

このヘタリカブログは古~い曲ばっかの記事なんで、
こんな新曲を紹介するのは激レアです。

実はこの曲は2曲目に入っていてノックアウトされてしまい。
最後まで聞いていないんです。

このブログの記事には最適と思いました。

結構パンクでブルータルながらポップなんていう、
いわゆるミクスチャー的要素がありますが、
これって、初期のスリップノットの名曲
「レフト・ビハインド」もそんな感じでした。
PVも中々セクシーなオネーチャンが出てきて
中年男を萌え・・・失礼、燃えさせます。

多分このテに弱いんでしょう。
すぐにハマってしまいます。
音楽ですよ。オネーチャンとちゃいますよ!

とはいえ、このバンドの随所に
なぜか古い「ハードロック」を感じます。

何でだろう?上手く説明出来ません。

人によっては「ただのメタルや!」という方もいると思いますが、
このバンド、色んなロックの美味しいところを集めた
フレーバーが上手なセンスでまとめられていて
ワカゾーのロックにさして興味が無いヘタリカでも
安心して聴けます。

それにしても・・・・「アメリカン・キャピタリスト」という
アルバムタイトル・・・・。
先日のアメリカのウォール街のデモと
イメージが被ります。

あのようなデモに何の価値があるのか判らないヘタリカです。
アメリカという国は

「デモをするのは自由」
「企業が暴利を貪るのも自由」

の国です。
デモでウォール街のマネーゲーム企業が
態度を改めることは無いと思います。

どこかで聞いた(読んだ)のですが、

「アメリカにとっての正義とは如何に
能力の高い弁護士を高額で雇うかによって決まる」

ルールの曖昧なところは「和解」ではなく
裁判と司法取引によって「正義」が決まる国ですから。

明らかに間違った資本主義の運用なんですが、
革命でも起こらぬ限り、止められそうにはありません。

国内ではおかしなことにオリンパスあたりが
ハゲタカファンドの標的になっているみたいです。

ペンタックスみたいに過去の名声や特許を
二束三文で他国に売り渡してほしくないヘタリカです。

グチが長すぎました。今日はこの辺で。
Comment:6 | TrackBack:0

Secret

TrackBackURL
→http://rockmaniac.blog71.fc2.com/tb.php/793-fae5c421